cactiインストールへの道 (2)mysqlインストール

まだまだcactiを入れるまでの道のりは長い(;´Д`)
だが、しかし! じわじわcacti本体に迫りつつあります(w
今回はmysqlを入れました!

mysqlインストール

yumにてmysqlを入れてみました。ソッコーでした(w
依存関係もキッチリ処理してくれている!

$ sudo yum install mysql
Installing:
mysql                 i386                5.0.77-4.el5_6.6
mysql                 x86_64              5.0.77-4.el5_6.6
Installing for dependencies:
perl-DBI              x86_64              1.52-2.el5

と。。確かmysqlって「mysqld_safe」?的な何かが入っていたような。。
rpmとかで調べても載ってない。。

rpm -ql mysql
ズラズラ ←mysqld_* 入ってない

mysql-server!? 先人達は偉大ナリ

いろいろ調べた結果、答えを発見しました(≧∇≦)b
「CentOS/MySQL/MySQL5(yum)インストール」
http://tech.hitsug.net/?CentOS%2FMySQL%2FMySQL5%EF%BC%88yum%EF%BC%89%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AB

つまり、mysql-server 入れましょう!とあります。
さすがですΣ(´д`ノ)ノ

$ yum list | grep mysql
:
mysql-server.x86_64           5.0.77-4.el5_6.6            updates
:
コレかっ(゚∀゚ )
$ sudo yum install mysql-server
Installing:
mysql-server               x86_64             5.0.77-4.el5_6.6
Installing for dependencies:
perl-DBD-MySQL             x86_64             3.0007-2.el5

入りました( ´ー`)フゥー...

$ mysqldタブタブ
mysqld_multi  mysqld_safe   mysqldump     mysqldumpslow
$ ls /etc/rc.d/init.d/mysqld
/etc/rc.d/init.d/mysqld*

早速実行してみると起動はしましたが。。

yumで入れるのは始めて(mysql-serverも知らないくらいだしw)。
そしたら、いろいろ警告が出てきました! 要点をかいつまむと

  • IPの名前解決はしないでネ
  • 起動時に動かすならsupport-files/mysql.serverを使ってネ
  • パスワードも付けてネ
  • テスト実行もできるわヨ

いろいろ指摘してくれました(w
以下、原文です。

$ sudo /etc/rc.d/init.d/mysqld start
Initializing MySQL database:  WARNING: The host 'no1guard.org' could not be looked up with resolveip.
This probably means that your libc libraries are not 100 % compatible
with this binary MySQL version. The MySQL daemon, mysqld, should work
normally with the exception that host name resolving will not work.
This means that you should use IP addresses instead of hostnames
when specifying MySQL privileges !
Installing MySQL system tables...
OK
Filling help tables...
OK
To start mysqld at boot time you have to copy
support-files/mysql.server to the right place for your system
PLEASE REMEMBER TO SET A PASSWORD FOR THE MySQL root USER !
To do so, start the server, then issue the following commands:
/usr/bin/mysqladmin -u root password 'new-password'
/usr/bin/mysqladmin -u root -h no1guard.org password 'new-password'
Alternatively you can run:
/usr/bin/mysql_secure_installation
which will also give you the option of removing the test
databases and anonymous user created by default.  This is
strongly recommended for production servers.
See the manual for more instructions.
You can start the MySQL daemon with:
cd /usr ; /usr/bin/mysqld_safe &
You can test the MySQL daemon with mysql-test-run.pl
cd mysql-test ; perl mysql-test-run.pl
Please report any problems with the /usr/bin/mysqlbug script!
The latest information about MySQL is available on the web at
http://www.mysql.com
Support MySQL by buying support/licenses at http://shop.mysql.com
[  OK  ]
Starting MySQL:                                            [  OK  ]

その後に実行してみると普通にOFF/ONできました。

$ sudo /etc/rc.d/init.d/mysqld restart
Stopping MySQL:                                            [  OK  ]
Starting MySQL:                                            [  OK  ]

ということで、ここで出た警告には注意して
後から設定ファイルを編集します(゚Д゚)ノ ァィ

php53-mysqlインストール

あとはphp53用のmysqlを入れます。

$ sudo yum install php53-mysql
Installing:
php53-mysql              x86_64              5.3.3-1.el5_6.1
Installing for dependencies:
php53-pdo                x86_64              5.3.3-1.el5_6.1

PHP Data Object(PDO)いつて

上で入れたphp53-pdoって何?ということでちょっと調べてみました。
http://php.net/manual/ja/book.pdo.php

特にこれを使って何かやっている訳ではないですが、
PDOはPHP Data Objectの略のようです。

何となくページの説明を眺めていると「インスタンス」「インスタンス」「データベース」
などの単語が並んでいます。ということでmysqlトランザクション用の
phpモジュールがphp53-pdoであるのだと思います(゚Д゚)ノハイ

まとめ

  • mysql
  • mysql-server
  • php53-mysql

これだけ入りました。
ひとまず、mysql関係のツールは十分なのかな( ´ー`)フゥー...

cacti本体以外は一通りインストール完了しました♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です