wordpressのページにお問合わせフォームを作る

webページによくあるお問合わせフォームを作りたいです!
管理人にweb経由で連絡をもらえるので、いいですよね^^
日本語文字化けの少ないと噂のContact Form 7を入れます。

Contact Form 7インストール

普通に設定する分には特に問題ないです。
wordpressのプラグインのインストールから「Contact Form 7」を選択。
流れに従い入れてあげます。

ただ、ちょっとだけやりたかったのが、人間確認のために
画像の中に書かれている文字を入力させてメールを送るようにしました。
これを入れておけば変なスクリプトでメール送るのは大変です^^)b
f:id:kuchida123:20111116002019g:image:w360

これを入れるためにはGD(画像系ライブラリ)とFreeType(フォント)
をサーバに入れてやる必要があります。

しかもそれらをPHPから使えるようにしてやる必要があるわけです。
ここにちょっとだけ手間取りました。まぁ~ 久々だったし!(言い訳w)

PHPでGDとFreeTypeを使う

まずはFreeTypeを入れてやります。
もちろんここはyum先生にお願いします(w

$ sudo yum install freetype
ズラズラ

FreeTypeはこれでオッケーです。

続いてphp53のgdです。
普通のlibgdでないのがミソ。って、、当然なのですが
これに気付くのにちょっと時間かかりましたf^^;

$ sudo yum install php53-gd
ズラズラ

ここまで来るともう大丈夫!
最後はphpinfoでちゃんと動くか確認です。
f:id:kuchida123:20111116002621g:image:w360

こうやって文章にしてみると、、、、
とてもアッサリに見えますよね。やっぱり。。
ここまでくると、php53がgd(&FreeType)を認識するので
Contact Form 7中のCaptchaがエラーを出力しなくなります。
ここまできたらあとちょっと!!

Contact Form 7でCaptchaする

上に貼ったキャプチャのように画像の中に文字を入れて
人間確認できるようになるまであと少し。

自分はこんな感じで作りました。

<p>画像内の文字を入力してください<br />
[captchac captcha-271 size:m]
[captchar captcha-271]
</p>

こんな文言をよくネットで見る気がします。
みんなこうやってやってたのねぇ~w
まぁ、もっと高度なの見た事ある気もしますが、
ちょっと使う分には十分すぎるかな♪

まとめ

久々にyum使いました。
改めてコマンド1発でいろいろ解決するyumに感動!
そして、ファイルIncludeで特に設定が必要ないファイルの
作りにも感動しておりました。その割りに時間はかかったけど(w

そして一歩先行く?web機能を提供することができました♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です