vsftpdをyumでインストール

データ転送をするにはやはりftpが必要!?
ということでftpサーバを導入することにしました^^

やりたいこととしてはホームページビルダーとか、
alphaEDITとかで作ったページをアップすることです!

yumで入るftpサーバを探す

ひとまずyumで探してみます。

$ yum list | grep ftp
ftp.x86_64           0.17-35.el5            installed
lftp.x86_64          3.7.11-4.el5_5.3       installed
gftp.x86_64          1:2.0.18-3.2.2         base
tftp.x86_64          0.49-2.el5.centos      base
tftp-server.x86_64   0.49-2.el5.centos      base
vsftpd.x86_64        2.0.5-21.el5           base

DAGリポジトリも見てるともうちょっとたくさん出てきました。

$ yum list --enablerepo=dag | grep ftp | grep dag
atftp.x86_64                  0.7-6.el5.rf                dag
atftp-server.x86_64           0.7-6.el5.rf                dag
ftpproxy.x86_64               1.2.3-2.2.el5.rf            dag
fuse-curlftpfs.x86_64         0.9.1-1.el5.rf              dag
libobexftp.x86_64             0.22-1.el5.rf               dag
libobexftp-devel.x86_64       0.22-1.el5.rf               dag
obexftp.x86_64                0.22-1.el5.rf               dag
perl-URI-sftp.noarch          0.01-1.el5.rf               dag
pftp.x86_64                   1.1.6-1.2.el5.rf            dag
proftpd.x86_64                1.3.3c-1.el5.rf             dag
proftpd-devel.x86_64          1.3.3c-1.el5.rf             dag
proftpd-ldap.x86_64           1.3.3c-1.el5.rf             dag
proftpd-mysql.x86_64          1.3.3c-1.el5.rf             dag
proftpd-postgresql.x86_64     1.3.3c-1.el5.rf             dag
pure-ftpd.x86_64              1.0.21-1.el5.rf             dag
pure-ftpd-selinux.x86_64      1.0.21-1.el5.rf             dag
python-obexftp.x86_64         0.22-1.el5.rf               dag
tnftp.x86_64                  0.0.20050625-1.2.el5.rf     dag

ftpクライアントやライブラリも多くあるようですねー。
いろいろなサイトも検索結果も考慮してみると
ftpサーバとしては以下かな。

  • vsftpd
  • proftpd

Dagレポジトリにproftpdがありますが、
baseにvsftpdがあるのを見ると、こちらが標準のようです。
ということで、vsftpdを入れてみることにしました!

vsftpdインストール&設定(via yum)

インストールはいつも通りyum様であっさり(w

$ sudo yum install vsftpd

ひとまず、起動スクリプトを覗いてみると
設定ファイルが書かれていました^^)b

$ less /etc/rc.d/init.d/vsftpd
---snip---
# processname: vsftpd
# config: /etc/vsftpd/vsftpd.conf
---snip---

ということで、次はvsftpd設定に移ります^^

vsftpd設定を確認(/etc/vsftpd/vsftpd.conf)

さっそく設定ファイルを見てみます。
たくさんあるコメント行を取り除いてみるとこんな感じ。

$ sudo grep -v "#" /etc/vsftpd/vsftpd.conf
anonymous_enable=YES
local_enable=YES
write_enable=YES
local_umask=022
dirmessage_enable=YES
xferlog_enable=YES
connect_from_port_20=YES
xferlog_std_format=YES
listen=YES
pam_service_name=vsftpd
userlist_enable=YES
tcp_wrappers=YES

気になるのはanonymous_enable=YESの部分。
ここをNOに変更しました。後はひとまずこのまま。

vsftpd起動を確認

このまま上げっぱなしにするとヨロシクない!
vsftpdにはssl設定とかいろいろと設定できるようだが、
ひとまず起動確認だけやっておきます。

$ sudo service vsftpd status
vsftpd is stopped
$ sudo service vsftpd start
Starting vsftpd for vsftpd:           [  OK  ]
これで起動完了!

LISTENしているか確認。
問題なく起動しているみたい^^
ひとまず止めます。

$ netstat -an
---snip---
tcp    0    0 0.0.0.0:21        0.0.0.0:*         LISTEN
---snip---
$ sudo service vsftpd stop
Shutting down vsftpd:                 [  OK  ]

起動確認までできたので、一端終了。
あとは正しく設定を入れて起動!

基本的には自分しか使わないftpサーバにするので、
ログインとかその辺りの設定も厳しく設定。

続きはまた今度!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です