namedの統計値をnet-snmpで取得する。そしてcactiでグラフ表示。

ちょっと前に挫折したかに思わせて、密かにがんばってました(w
といってもまだ成果は出ていませんけどね。。

前回のおさらい

せっかく入れたcactiでnamedのパフォーマンス計測をしたい!
というのが全てのモチベーション。cactiでキレイにグラフ化したい。

それ用のツールを発見し、インストールするも期待通り動かず><
モノはPerlで書かれているのでひとまず中身を解析できれば
今の環境に合わせて動くのではないかっ!?という予想。

net-snmpに拡張mibを認識させる

yumで入れたnet-snmpのmibに新しいmibを追加して、
それを取得する方法によりnamedのパフォーマンス監視をします。
そのツールを見てみたところ、snmpwakなどで値を取る時に
スクリプトを実行して統計値を取得しているようす。
net-snmpはスクリプト実行してその値を返す役割。

以下を参考にしました。
4ページありますが3、4ページ目は会員登録しないと見れない。。

◆net-snmpについて(独自監視項目の追加) – 前編
http://codezine.jp/article/detail/2938

ということで、ここから察するにmib追加については
何となくテキストでファイルを追加してあげるだけの様子。

そして、もう1点気になるのが統計値を取得するスクリプト。
こちらがうまく動いている確認が取れていない。
スクリプトを実行しても応答がない。。

$ /etc/snmp/bind9-snmp-stats.pl
しーん

ということでこのスクリプトを理解して、
値を期待通りに返すようにすればcactiでレコード取得
できるようになるのではないだろうか!!

ということまで来ました!!
結果、切り分けは進みましたがまだ動作しません(w

cactiでnamed統計値を取るための今後の課題

値をちゃんと出力することを確認するための作業をやるベシ。
そのためにスクリプトを読むことが必須だろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です