namedのログローテーション設定

暫く見ないうちにnamedのログがけっこう太ってましたw

$ ls -l /var/log/named/named.log
-rw-rw-r-- 1 named root  37M Aug 16 20:51 /var/log/named/named.log

named.confを見直してみるとログローテーションの設定がない><
ということで足しました。
設定内容は、ログファイルが10メガを超えたら別ファイルにローテーション。
ログファイルは5世代分を残す! というものです。

logging {
channel "log_default" {
file "/var/log/named/named.log" versions 5 size 10M; ←ココ!!
severity info;
print-time yes;
print-severity yes;
print-category yes;
};
category        notify          { "log_default"; };
category        queries         { "log_default"; };
category        client          { "log_default"; };
category        general         { "log_default"; };
category        default         { "log_default"; };
};

そしてrndc reload!!

$ sudo /usr/local/sbin/rndc reload
server reload successful

ちゃんとローテーションしてくれていました(≧∇≦)b

$ ls -lh /var/log/named/
total 37M
-rw-r--r-- 1 named named 2.2K Aug 16 20:54 named.log
-rw-rw-r-- 1 named root   37M Aug 16 20:51 named.log.0

1個目(named.log.0)が37Mとちょっと太りすぎましたが、
まぁ、5世代分が蓄積されることには削除されますし。
今のところディスク圧迫してることもないのでこのままにしておきます。

Linuxではlogrotateがその他のログをやってくれるようですが、
ひとまずnamedはログのメンドウも見てくれるので助かります♪

カテゴリーDNS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です