bind再び!(bind-9.8.0-P4)

何やらセキュリティ的な要因でVerUPが必要の様子(;´∀`)
ちょっと前に作ったばかりだけど早速bind-9.8.0-P4入れます。
ま、コンパイルとかは嫌いじゃないから苦にならないw

いままでyumでいろいろと構築してきたけど
こういうちゃんとしたのはsourceから入れます。

bind-9.8.0-P4 コンパイル

cd /usr/local/src
sudo wget ftp://ftp.isc.org/isc/bind/9.8.0-P4/bind-9.8.0-P4.tar.gz
sudo tar zxvf bind-9.8.0-P4.tar.gz
cd bind-9.8.0-P4
sudo ./configure \
--enable-threads \
--with-openssl=/usr/local/ssl \
--enable-ipv6 \
--enable-option-checking
sudo make
sudo make install
おっけー(  ̄ー ̄)b
/usr/local/sbin/named -v
BIND 9.8.0-P4

bind設定の準備

続いてbindの設定します!
ちょっとめんどくさいのがnamed.confの設定。
sourceの中でfindしてみたらいくつかはサンプルある。

find . -name '*named.conf*'
ずらずら

内容はもりだくさんだけどコレを選択!

bin/tests/named.conf

では、早速ファイルを置いていきます。
何故かはわからないけど、/etc/named.confはシンボリックリンクにして
/etc/namedb/named.confに設定置く流儀が染み込んでましたw 何故だろw
きっと悪い流儀でないと信じて今回もそれに従います。

sudo mkdir /etc/namedb  ←ないから作った
sudo cp bin/tests/named.conf /etc/namedb/
sudo ln -s /etc/namedb/named.conf /etc/named.conf

ここまできたら後はnamed.confを設定して起動すればオッケー!
前回構築しようとしたときにnamedユーザ作ったからそれも活用します^^
dnsサーバ構築(bind-9.7.3-P1)

カテゴリーDNS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です