サーバ基礎設定を一通り

rootで以下を設定。

・useraddでユーザ追加
・ユーザをsudoersに追加(visudo)
・ユーザにパスワードを設定(passwd)
・ssh設定変更&動作確認

vi /etc/ssh/sshd_config
RSAAuthentication yes
PubkeyAuthentication yes
AuthorizedKeysFile      .ssh/authorized_keys

ユーザでログインできるようになるのでrootをログアウト。
個々から先はユーザで入り直して以下を実施。

・ユーザのsshキー作成&配置&Permission変更

ssh-keygen -b 1024
mv .ssh/id_rsa.pub .ssh/authorized_keys
chmod 400 .ssh/authorized_keys

・ヒミツ鍵はローカルPCに保存
・シェル変更。tcshがお好み♪
・ホスト名を変更。

sudo vi /etc/sysconfig/network
HOSTNAME=xxx.xxx.xxx

ここまできたら設定確認も含めて再起動。
無事あがってきました(≧∇≦)b

当然ですが変なプロセスとかも上がってないようなのでオッケー!

さくらVPSの申し込み&初期設定

ブログタイトルをサーバ管理/運用メモに変えたのにサーバがないΣ(゚Д゚;

ということでサクラのVPSを申し込むことにしました。
まずは月額980円の「さくらのVPS 512」で始めます!

さくらのサービスは始めてではなかったのでまずはログイン。
「さくらのVPS 512」を申し込んで支払いなどを済ませます。
そして http://vps.sakura.ad.jp/ からログイン!
(1)「会員メニューログイン」
(2)「契約情報」→「契約情報」
(3)ページ一番下「さくらのVPS 512」がキタ━(゚∀゚)━!

さくらのVPS 512で選択できるのは以下3項目。
「サーバ設定」
「キャンセル」
「本登録」

本登録は恐らく使っていい!となったら押すのでしょうね。
今はひとまずおいておくことにします。数日使ってOKだったら押します。

「サーバ設定」をクリックするとこんなコンパネが出てきました。
f:id:kuchida123:20110629222748g:image:w640
「ステータス」が停止になっていたけど、
「仮想サーバ操作」の起動を押したら上の感じで起動しました!
ちょっとだけ時間かかったかな? 3分くらいでしょうか。

さっそくログインしようと思ったらアカウントがわかりません。。
さくらwebにログインするアカウント試したけどダメ。。
コンソールからもれこれ試しましたがNG。。

しばらく悩んでいたら初期パスワードとか記載されたメールがきてましたw
ここにrootの初期パスワードとか記載されていました♪よかた~
ということで無事ログイン!!

Subject: [さくらのVPS] 仮登録完了のお知らせ

コンパネを見ていたらいくつかOSが選択できるもよう。
f:id:kuchida123:20110629222749g:image:w320

CPU、メモリ、ディスク容量などのリソースも何もしなくても
グラフにして表示してくれる。シンプルな上になんて親切!
f:id:kuchida123:20110629230917g:image:w360

関心したのがリモートコンソール! webページ上で操作できます。
コンソールは、ネットワーク設定とか間違えたりしてネットワーク越しに
ssh等で接続できなくなった時などの非常時に使うことが一般的かな。
物理的にサーバに接続できるイメージ。
f:id:kuchida123:20110629231926g:image:w360
つまり、さくらのVPSサーバのネットワーク設定中に
「ネットワーク設定間違えて繋がらなくなっちまった!!」
って時にもwebページからログインして正しく修正してやれば、
設定は元に戻ります。

でも、アカウント情報や権限を間違って上書きしたらNGですけどねw
そういうときはOS入れ替えしかないですね。注意したいものです。

いろいろと遊べるしいっちょ前にサービスできそう!?
これが月額980円とは、、スゴイよさくらさんΣ(・ε・;)

タイトル変更

タイトルを変更しました^^

前)がけっぷちメモ
後)サーバ管理/運用メモ 「がけっぷちメモ」

なんか、どうでもいいことまで書き始めそうなので(笑

文字コード調査&変換方法 (nkf)

個人的にはnkfを使いこなせれば当面は十分な気がする。
もっと上級者はiconvとか使ったりする様子。

ファイル(hoge.txt)の文字コードの調べ方の覚書。

■nkf

nkf -g hoge.txt

■qkc
nkfエミュレートモードがあるらしい。

qkc -c hoge.txt

■kcc

kcc -c hoge.txt

ファイル変換方法についての覚書。お勧めはnkf。
上に書いた多くのコマンドで文字コード変更ができる。
また、改行コード変換機能も同時に使えるものが多い。

USAGE:  nkf(nkf32,wnkf,nkf2) -[flags] [in file] .. [out file for -O flag]
良く使うオプション
j,s,e,w  Outout code is JIS 7 bit (DEFAULT), Shift JIS, EUC-JP, UTF-8N
After 'w' you can add more options. -w[ 8 [0], 16 [[BL] [0]] ]
--in-place[=SUFFIX]  --overwrite[=SUFFIX]
Overwrite original listed files by filtered result
--overwrite preserves timestamp of original files
-g  --guess       Guess the input code

■ファイルをutf8に上書き置換

    • in-placeだとどうも上手く変換されていない感がある。

コレが原因かは不明だけどファイルの先頭に?が入ったりする。

    • in-placeのせいかは微妙だが、–overwrite使うのが無難かも。
nkf -w8 --overwrite hoge.txt

■別ファイルにするにはリダイレクト

nkf -w8 hoge.txt > hoge_utf8.txt

vim – ソースコードの折り畳み

vimの役立ち機能を知りました。
前のメモに書いたけど、タイトル違うから別メモに書き直し。

それはvimソースの折り畳み機能! これまた強力。
http://blog.remora.cx/2011/01/folding-sources-on-vim.html

例えばPerlとかで。

sub hogehoge {  # {{{
print "some process";
}  # }}}

こうやって書くと。

3lines hogehoge {

こんな感じで補完してくれる。便利や~。

無きゃ無いでそれなりに使えるvimだけど、
まだまだ便利機能が隠れてそう。

文字コードあるある

最近はutf8も使えた方がいい機会が多い気がする。
「何故utf8なのか?」の理由を自分なりに調査。
歴史も知れてなんとなくスッキリ^^

文字コードの略歴

  • コンピュータの発展に伴い文字コードも多様化。
  • 現在では100種類以上の代表的な文字コードが存在する。
  • アルファベット圏では文字コードの発展が早かったが、漢字圏は言語固有で発展。
    • これらは基本的に互換性がない場合がほとんど。
  • 互換性問題を回避するために考えだされた文字コードがUnicode。

用語定義

  • 文字符号化方式:Ascii表など、bit列を文字に変換するルール。
  • 符号化文字集合:文字を重複なく集めたもの。全アルファベット(a-zA-Z)、全ひらかな(あ-ん)みたいな感じ。
  • キャラクタセット:文字符号化方式と符号化文字集合とを合わせた高級概念。主にMIMEを主眼にできた様子。

代表的な文字コード

  • 1バイト文字コード
    • 1バイト系文字コードは「半角文字」と呼ばれたりする
    • Ascii
  • 2バイト文字コード
    • 2バイト系文字コードは「全角文字」と呼ばれたりする
    • ISO-2022-JP (俗称JISコード)
    • EUC (-JP, -KR, -etc)
    • Shift-JIS
    • Unicode(多言語文字集合)

まとめ

  • 文字コードに関してはあまりはっきりした定義がない。
    • ちゃんとした定義があるのかもだが理解には時間がかかりそう。
    • 見るページによってバラバラ。「バラバラです」って説明も多いw
  • 今後のことを考えると当面はutf8を使用するのがよさげ。

PHPでwebプログラミング

PHPを使って何か便利プログラムを書いてみようと思う。
興味があるこのはこんな感じ。

  • webサービスにログイン処理する。

※パスワード管理をうまくやれるとナオヨシ

  • ブラウザを装った動きをする。
    • クッキーとかその辺りも含める
    • Javascriptとかも無問題

これなら慣れてるPerlのがいいかw

サーバ状況確認

今のサーバ環境を整理。

残り3ヶ月弱。
VPSに乗り換えたい気分ではある。
できる限りここでやってみるかな。

DNSなどのサービス運用はできないかもだけど、
VirtualHostなのか、Web系のものを作ることはできる。